世界基準の子どもを育てる最強の家庭教育ガイド

子育て本 レビュー

自分は、大学で保育・幼稚園・小学校の教育について勉強し、小学校教員として10年以上勤務しました。また、幼児の双子の息子と乳児の娘の父になり、育休も取得し育児に関わっています。

最近増やしている教育書レビュー。今回は

『世界基準の子どもを育てる成功する家庭教育最強の教科書』を読み、家庭教育の秘訣について学んだことをまとめました。英語学習に関する部分は評価が難しかったため、主に子育てや教育全般に活かせる点を中心に解説します。目次だけでもご覧いただけると嬉しいです。

社会で生き抜くために必要な能力5選

社会で生き抜くために必要な能力5選

現代社会で子どもが成功するために必要な能力として、以下の5つが挙げられています。

  1. 自己肯定感
    • ありのままを受け入れてもらえるという思い。
  2. 英語力
    • グローバル社会で必須のスキル。
  3. グリット力
    • 最後までやり抜く力。心理学者アンジェラ・リー・ダックワース氏が提唱する成功者の共通点です。
  4. コミュニケーション能力
    • 意思疎通の力だけでなく、人から愛される力も含まれています。
  5. マルチタスク力
    • 複数の作業を効率よくこなす力。

これらの能力を育てるために必要なものが以下の3つです。

  • 心構え
  • 家庭環境
  • TO DOリストの活用

心構え

親の心構えが子どもの自己肯定感を高めます。具体的な心構えは以下の通りです。

  1. 準備が10割!あとは見守る
    • 準備ができていると、子どもを叱る必要がなく、成功に近づける。
  2. 手本を見せる
    • 親が良い手本を見せることで、子どもも理解しやすくなる。
  3. 今の時代は子どもが育つまで待たない
    • 情報や社会の変化が早いため、子どもの興味を待たずに環境を整える。
  4. 飽きる前にやめる
    • 子どもが興味を持っているうちに止めることで、次に活かしやすくなる。
  5. ロケットスタートで楽に
    • 一気にできるようになると、楽しさも味わえ、周りよりも優位に立てる。
  6. 大量のインプットがアウトプットにつながる
    • インプットの量によってアウトプットが決まる。

家庭環境

子どもの自己肯定感やコミュニケーション能力を高めるための家庭環境を整える方法です。

  1. リビングで勉強
    • リビングで勉強することで、親と話す機会が増え、子どもの興味を広げる。
  2. リビングに本棚
    • 本がたくさんある環境を整えることで、本を読む習慣が身につく。
  3. 整理整頓よりも物を減らす
    • 物を減らすことで、整理整頓する時間を減らせる。

リビング学習は親子のコミュニケーションを促進し、子どもの知識の幅を広げます。

本を読むことのメリット

読書には以下のメリットがあります。

  • 巨人の肩に乗る
    • 先人の知識を利用してロケットスタートを切ることができる。
  • 批判的思考を身につける
    • 読書を通じて、合理的な考え方ができるようになる。
  • 寛容性が養われる
    • 異文化や異なる考えに触れることで、他者の背景を理解できる。
  • 感性と美意識が磨かれる
    • 様々な人の感性に触れることで、感性が豊かになる。

TO DOリストでマルチタスクとグリッド力を育てる

他の育児書や教育本ではあまり触れられないポイントですが、効果的だと感じたのがTO DOリストの活用です。

TO DOリストを子育てで使うメリット

  1. 時間管理
  2. 脳内整理力
    • 必要のないことを明確にし、脳のタスクを整理して集中力を高める。
  3. 達成感と自己肯定感
    • できたことが明確になり、達成感を感じやすくなる。
  4. しつけをしなくても
    • 何をするかが明確になるので、「○○しなさい!」と声をかける回数が減る。
  5. 自分の得意と個性が伸ばせる
    • 長期的な視点で取り組むことで、個性を伸ばすことができる。

TO DOリストの大事なポイント

  1. TO DOリストを作る時にはプラス1を目指す
  2. 英語力をつけるなら英語表現と日本語表現でTO DOリストを作る
  3. 終わった後にポジティブな感想を書く

ポジティブな感想を書くことで、達成感や自己肯定感を高められます。

ポジティブな感想を書くことで、より一層達成感や自己肯定感を高められると思います。

まとめ

英語教育以外にも役立つ家庭教育のポイントをまとめました。どのポイントも簡単に取り入れられ、子育てや教育に効果的です。特に、自己肯定感が家庭でしか育めないという点に驚きました。興味がある方は、ぜひ『世界基準の子どもを育てる成功する家庭教育最強の教科書』を読んでみてください。

終わりに

最後に、自分は、大学で保育・幼稚園も学習し、教員として困っていた時期教育・子育て・心理学・脳科学等を勉強することで成長できました。

その時の内容や今でも勉強した、育児や教育に生かせそうな内容をブログやTwitterで発信しているので、フォロー等してくださると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました