書籍『続 AさせたいならBと言え』を読んで教師のスキルアップ!すぐ使える3つのテクニック

子育て本 レビュー

教師としてのスキルを向上させるために、『続 AさせたいならBと言え』という書籍を読んで学んだ実践的なテクニックを紹介します。これらのテクニックは、授業中にすぐに取り入れられる方法ばかりです。

1. 話を聞いてもらうためのテクニック

授業で話を聞いてもらうためには、具体的な物をイメージさせることが重要です。数や揺れのない、明確なイメージを提示することで、子どもたちは話に入り込みやすくなり、理解も深まります。

実践例:

  • 数字や統計を使って具体的な事例を示す。
  • 物語や具体的なエピソードを用いて話を進める。

2. 3メートル以内に集合する

教師と子どもたちの距離が3メートル以内であると、目線が合いやすくなります。さらに、教師が座ることで子どもたちと同じ目線の高さになるため、より親しみやすく、コミュニケーションがスムーズになります。

実践例:

  • グループ活動やディスカッションの際に、子どもたちを近くに集める。
  • 座って話すことで子どもたちと同じ目線になる。

3. 静かにさせたいときは名前を呼ぶ

クラスを静かにさせたいときには、個々の名前を呼ぶことが効果的です。対象を絞ることで、子どもたちは「自分のこと」と捉え、注意を引きやすくなります。

実践例:

  • 注意を引きたいときに、具体的に名前を挙げて話しかける。
  • 静かにするべき状況で、個々に声をかける。

ほめるべき場面を作り出す

さらに、これらのテクニックを使うことで、子どもたちをほめるべき場面を自然に作り出すことができます。具体的な行動や努力を認めることで、子どもたちのモチベーションを高めることができます。

実践例:

  • 子どもたちの小さな努力や成果を見逃さずにほめる。
  • 具体的なフィードバックを与えることで、自信を育む。

まとめ

これらのテクニックを活用して、より良い授業運営を目指しましょう。『続 AさせたいならBと言え』は、教師にとって実践的なヒントが満載の書籍ですので、ぜひ手に取って読んでみてください。

このブログはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイトを含む)を掲載しています。

最後に

自分は、大学で保育・幼稚園も学習し、教員として困っていた時期教育・子育て・心理学・脳科学等を勉強することで成長できました。

その時の内容や今でも勉強した、育児や教育に生かせそうな内容をブログやTwitterで発信しているので、フォロー等してくださると嬉しいです。

https://twitter.com/pon_puchigak

コメント

タイトルとURLをコピーしました