教育のプロフェッショナルとしての成長:向山洋一の授業の腕を上げる法則から学んだこと

子育て本 レビュー

こんにちは、皆さん!今日は、向山洋一先生の「授業の腕を上げる法則」を読んで感じたことをシェアしたいと思います。この本から得た貴重な学びを3つのポイントに分けてお伝えします。

おすすめの人

  1. 新任教師: 教職に就いたばかりで、授業の進め方や子どもたちへの対応に悩んでいる方。
  2. ベテラン教師: 更なるスキルアップを目指している経験豊富な教師。
  3. 教育関係者: 学校の管理職や教育行政に携わる方で、教師の育成に関心がある方。
  4. 教育学を学ぶ学生: 将来教師を目指している大学生や大学院生。
  5. 教育の質向上に興味のある保護者: 子どもの教育に積極的に関わりたいと考えている保護者。

これらの方々にとって、向山洋一先生の「授業の腕を上げる法則」は非常に有益な情報源となるでしょう。

自分にとって勉強になったポイント3つ

教育における愛情と技量

「教育にとって最も大切なのは愛情なのだ」という言葉をよく耳にします。しかし、向山先生はこれを技量のない教師の逃げ道として批判しています。私は、例えば「患者をじっくり見て治療をしていきます」と言うだけで医学の本を読まない医師に治療をしてほしいとは思いません。同じように、教師も常に新しい情報を手に入れ、技量を高めることが求められます。教育の現場でも、愛情だけでなく、しっかりとした知識と技術が必要です。

子どもたちの断片的な訴えを理解する

子どもたちは、物事を断片的にしか訴えないことが多いです。これは、子どもたちがもともと断片的にしか話さないためです。だからこそ、教師としては、彼らがしっかりと話せるように指導することが大切です。しかし、それ以上に大切なのは、子どもたちの言葉の奥にある意味を理解することです。表面的な言葉だけでなく、その背後にある感情や背景を読み取ることが、より良い教育につながります。

秒単位で時間を意識する重要性

プロフェッショナルとしての基本条件の一つに、時間を秒単位で意識することがあります。向山先生は、例えば3秒の空白時間があると会場が崩れ出すと指摘しています。指示は一回ずつ、そしてその指示は10秒以内に終えることが理想です。このように、時間管理を徹底することは、授業のスムーズな進行に直結します。時間を意識することで、授業の質を高めることができます。

まとめ

向山洋一先生の「授業の腕を上げる法則」から学んだことは、教育現場で即実践できる重要なポイントばかりです。愛情だけでなく技量の向上、子どもたちの奥にある意味を理解する姿勢、そして秒単位での時間管理。この3つのポイントを意識することで、より良い教育者として成長できると感じました。皆さんも、ぜひこれらのポイントを取り入れてみてください。

教育の現場で一緒に成長していきましょう!

最後に

不易と流行でこういう本はいつまでも大切なことを教えてくれますね。

このブログはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイトを含む)を掲載しています。

最後に、自分は、大学で保育・幼稚園も学習し、教員として困っていた時期教育・子育て・心理学・脳科学等を勉強することで成長できました。

その時の内容や今でも勉強した、育児や教育に生かせそうな内容をブログやTwitterで発信しているので、フォロー等してくださると嬉しいです。

https://twitter.com/pon_puchigak

コメント

タイトルとURLをコピーしました