「発達障害」と間違われる子どもたちを救うために知っておくべきこと

子育て本 レビュー

成田奈緒子さんの「発達障害」と間違われる子どもたち

最近、成田奈緒子さんの著書『「発達障害」と間違われる子どもたち』を読みました。この本は、「発達障害と間違われる子」が増えている現状に焦点を当て、その原因と解決策を探る内容です。本書は以下の5章で構成されています。

  1. 「発達障害と間違われる子」が増えている
  2. 「発達障害もどき」から抜け出す方法
  3. 睡眠が子どもの脳を変える
  4. 親と先生のスムーズな連携が、子どもを伸ばす
  5. 子育ての目標は「立派な原始人」を育てること

「発達障害もどき」とは?

発達障害とは、生まれつき脳の発達に関わる機能障害を指します。一方で、「発達障害もどき」とは、発達障害の診断がつかないにもかかわらず、発達障害と見分けのつかない症候を示す状態を指します。

「発達障害もどき」から抜け出す方法

脳の発達には順序があります。まず、からだの脳が発達し、その上でおりこうさんの脳とこころの脳が育ちます。「発達障害もどき」に直接関わるのはおりこうさんの脳とこころの脳ですが、その土台となるからだの脳が育っていないと、これらも育ちません。

からだの脳を育てるためには、以下の方法が効果的です。

  • 十分な睡眠:夜にしっかり寝ることが大切です。筆者は10時間の睡眠を目標にしています。
  • 五感を使う:さまざまな感覚を使った遊びや活動が脳の発達に役立ちます。
  • コミュニケーション:親子の会話や友達との交流を積極的に取り入れましょう。

特に重要なのは睡眠です。セロトニンの分泌によって脳の働きが良くなるため、睡眠は脳の発達に直結しています。

早く寝かしつけるための工夫

早寝を促すためには、以下の方法を試してみてください。

  • 早起き:朝早く起きることで夜の寝つきが良くなります。
  • 昼寝を短く:昼寝の時間を短くすることで、夜の睡眠を深くします。
  • 寝る前の刺激を少なく:部屋を暗くし、音を小さくする。テレビなどの電子機器を寝る前に使わないようにする。

立派な原始人を育てよう!

子育ての最終目標は「立派な原始人」を育てることだと成田さんは述べています。これは、現代の便利な生活に頼るだけでなく、基本的な生活習慣や自立心を持つ子どもに育てることを意味します。


この本を通じて、発達障害もどきの子どもたちのために何ができるかを考えさせられました。睡眠やコミュニケーションの重要性を再認識し、日々の生活に取り入れていきたいと思います。皆さんも、ぜひ一度この本を手に取ってみてください。

まとめ

この本を通じて、発達障害もどきの子どもたちのために何ができるかを考えさせられました。睡眠やコミュニケーションの重要性を再認識し、日々の生活に取り入れていきたいと思います。皆さんも、ぜひ一度この本を手に取ってみてください。

このブログはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイトを含む)を掲載しています。

最後に

自分は、大学で保育・幼稚園も学習し、教員として困っていた時期教育・子育て・心理学・脳科学等を勉強することで成長できました。

その時の内容や今でも勉強した、育児や教育に生かせそうな内容をブログやTwitterで発信しているので、フォロー等してくださると嬉しいです。

https://twitter.com/pon_puchigak

コメント

タイトルとURLをコピーしました